閉じる
閉じる
閉じる
  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手…
  4. ボールを奪われないためにはどうすればいいか?
  5. ボールに対する【自信】と、相手に対する【自信】
  6. ペナルティエリアでの優先順位とは…?
  7. オフ・ザ・ボールの「動き」について
  8. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の…
  9. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  10. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

【上達法】中学サッカーに必要な3つのポイント

平昌オリンピックも閉幕し、Jリーグが開幕しました。

そして、2月も今日で終わり明日から3月ですね。

少年サッカーチームに限らず、3月はとても特別な月になります。

私のチームで言えば、小学6年生が卒団を迎えます。
そして、4月から始まる新年度チームがスタートします。

3月中には4月以降のリーグの組み合わせ抽選会が
行われるので、どんなチームとリーグ戦を戦うのか、楽しみでもあります。

■中学サッカーに必要な3つのポイント

6年生は1ヶ月後には中学生の部活やジュニアユース
チームで活動するようになります。

ボールサイズ、コートサイズも全て成人用の大きさに
なります。もちろん11人制になるので、システムも変わりますね。

私のチームでは、毎年、中学1年生はこのような事を
目指しましょう!というテーマを与えています。

・心肺能力を高めること
・パス&コントロールの技術を高めること
・ポジショションとグループ戦術の理解を深めること

大きくはこの3つです。

■心肺機能を高めること

コートが大きくなるので、走る距離が長くなり
スプリントする回数も増えます。

心拍数が高くなりますが、心肺機能が高くなれば
心拍数の戻りも早くなり、次のスプリントが可能になります。

走れる選手とは、長い距離を走ることに加えてスプリントを
繰り返すことが出来る選手の事です。

コートが大きくなること、選手の走るスピードとボールスピードが
速くなることで、求められるスプリントのスピードも高まります。

心肺能力を高める方法としては、シャトルランやサーキット
トレーニングなどフィジカル系のトレーニング方法の他にも
ミニゲームでも鍛えることが出来ます。

マルチボール方式(コートの回りにボールを持った選手がいて
ボールが外に出たらすぐにボールを入れ、休憩させない方法)
も、楽しみながらもキツイ練習になるのでアクセントとして
取り入れています。

■パス&コントロールの精度を高めること

次にパス&コントロールですが、コートが大きくなるので
ドリブルでボールを運ぶよりも、パスをつなぐことが効率が
よいということに気づきます。

中学生になるとキック力が強くなるのでボールの飛距離も伸びます。

そこで、ロングキック、ロングパスを多用する場面が
多くなるものです。

ロングパスを蹴った瞬間は気持ちがよく、
相手陣内にボールを入れた感覚がありますね。

しかし、実際は相手チームのボールとなって反撃されて
しまうことも多いものです。

中学サッカーではロングボールを入れることで
クリアミスやトラップミスを誘って攻撃するということも行われています。

そこで大切なことは、パス&コントロールの技術を高めるということです。

ショートパスも蹴れる、ロングパスも蹴れる。
当然、トラップもピタッとコントロール出来るような
技術を高めるということです。

特にトラップについては、ピッチが広いということもあり
サイドのスペースでボールを受けた時、少々コントロールが
乱れたとしてもリカバリー(修正)が効きます。

リカバリー出来たからそれでよいと思わず、次回はしっかりと
成功させようという気持ちでプレーすることが大切です。

■ポジションの理解とグループ戦術

さらに、ポジションとグループ戦術についての理解を深めることについてですが、

少年サッカーより3人多くなった11人制サッカーですが、

ピッチ内は合計6人増えていることや、合計で22人いるということに気づいて欲しいと思います。

少年サッカーでは3-3-1という3前後左右の3列だった
システムも、中学サッカーでは4-4-2というように幅が
増えたり、4-2-3-1というように前後の列が増えることもあります。

今の6年生に予習としてシステムの勉強をしなさいと言うつもりはありません。

しかし、グループ戦術については復讐して欲しいと考えています。

グループ戦術の最小単位である「2人で攻撃する、2人で守備をする」ということです。

中学生のサッカーはパス&コントロールが正確でボールスピードが速くなります。

よくあるパターンとしては「ワンツー」で簡単にパスを通されてしまうことです。
しかもワンツーの1本目のパスを追ってしまうので、簡単に裏を取られてしまうのです。

「ワンツーが来そうだ!」という判断があれば、ボールを追わずに受け手をマークするという判断が出来ます。

このようなシンプルな戦術判断のトレーニングを
この3月に集中して行ってみてはどうでしょうか。

■中学生は「ポストゴールデンエイジ」です。

小学生の10歳から12歳はゴールデンエイジと呼ばれ、あらゆる
スキルを即座に習得しやすい時期と言われています。

中学生になると習得しにくくなるのか?

いいえ、中学生の12歳から15歳の時期は「ポストゴールデンエイジ」と
呼ばれ、人生の中でもゴールデンエイジに次ぐ「技術の習得チャンス」になります。

自分に出来ること、出来ないことをハッキリさせることと
出来ないことをどうすれば出来るようになるのか?

この部分について現在所属しているコーチや監督のアドバイスを
受けておくことをオススメします。

 

ぜひ、新しい環境に向けて万全の準備で突入して行って下さい!
応援しています。

 

【今週のオススメ】

重心移動アナライズ

http://www.mlritz.com/link/113/1/288/8/

関連記事

  1. フットサルの技術は『このように活かされる』

  2. サッカーは練習でしか上達しません

  3. サッカー選手に必要なメンタルトレーニングとは

  4. 1対1の守備に目覚めてみませんか?

  5. 動きづくりと同時に大切なことは「しつけ」です。

  6. 夏のトレーニングの成果は秋にでます。

ピックアップ記事

  1. 昨日の森保ジャパン対コスタリカ戦を見て中島翔哉選手の能力の高さを感じました。楽しそうにサッカ…
  2. 選手のサッカーノートを毎週チェックしています。出来たこと、出来なかったこと、出来るようになり…
  3. 日本の女子サッカーの快挙に感動しています。U20ワールドカップ優勝で、U17、フル代表と合わ…

おすすめ記事

  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手の特徴
ページ上部へ戻る