閉じる
閉じる
閉じる
  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
  4. サッカーが上手い選手は皆、【脱力】している
  5. 身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  6. サッカーの原点とはシュートである。
  7. リフティングと緊張
  8. サッカーは教えれば教えるほど下手になる
  9. サッカー選手としての実力を診断してみよう
  10. 「利き足を使うことの効果」と「リフティングの効果」
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

試合になると「消極的」になる選手を激変させる方法

試合になると練習通りにプレーできない選手について、ご質問をいただきました。

 

■質問
練習は良いのですが、試合では弱い気持ちが強く消極的な
プレーになり全然ダメになります。どうしてあげればいいのでしょうか?

■回答
経験から想像力を働かせ回答させていただきます。

「なぜ試合で出来ないのか?」その仕組みを考えてみます。

練習と試合の違い?
① 勝敗をつける。
② コーチや周りの選手がいつもと違う。(気迫)
③ 試合の方が緊張感がある。

自分がミスをすると、①負けてしまうかもしれない。②怒られるかもしれない。
時には、励ましもプレッシャーになってしまいます。

「結果を考えすぎる」気持ちが体を堅くしてしまい、「恐怖心」が弱気な選択を
取らせてしまいます。

ここまでが、「なぜ試合でできないのか?」の仕組みです。

そんな選手に私が伝えたい事は、
上記①②③は事実であり、みんな同じことを感じているという事。

だから、仲間の積極的な失敗に、「サンキュー!」の声掛けをする。
そして、自分の積極的なミスの後は、「わりー!」と笑顔で言っとく。(笑)
発揮できるかのポイントは「気持ち」なので、ポジティブに声を掛ける事で自分の状態も良くなります。

トレーニング的には、試合では相手の個が邪魔しに来ますので

「対人トレーニング」が少ないようでしたら、取り入れてあげる事も一つの手段だと思います。

(1vs1 や 2vs2など)

お答えになったかわかりませんが、ほんのちょっとの切っ掛けで力を発揮できると思います。

その切っ掛け(自信)として、参考にしていただければ幸いです。

JSC CHIBA 川島

http://rs39.net/c/s/cfkw_1/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_2/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_3/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_4/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_5/bl/
http://rs39.net/c/s/cfkw_6/bl/

関連記事

  1. 【少年サッカー】単純なことが、最も重要となります。

  2. 速さよりも「正確さ」について練習するべき理由

  3. 経験こそ財産、日々の積み重ねこそ財産です。

  4. ボールウォッチャーになりがちな選手には、このように指導してくださ…

  5. スランプやクラムジーであってもめげずに トレーニングする

  6. 【戦術】パスワークを駆使して相手陣内に入り込む方法とは…?

ピックアップ記事

  1. 今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでした…
  2. 「身体が開くとは?」サッカーの指導をしていて、「身体が開く」ことを指摘することがあります。…
  3. 先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボール…

おすすめ記事

  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。