閉じる
閉じる
閉じる
  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手…
  4. ボールを奪われないためにはどうすればいいか?
  5. ボールに対する【自信】と、相手に対する【自信】
  6. ペナルティエリアでの優先順位とは…?
  7. オフ・ザ・ボールの「動き」について
  8. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の…
  9. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  10. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

夏休みの成果を他チームより多く得る練習法とは?

私のチームの5年生や4年生は、夏休み明けの9月上旬に大きな大会が
あるので、それに向けて練習に励んでいます。

個人の課題は
・連続したプレー
・足を止めない
・ワンプレーで終わらない
というものです。

チームの課題は
・ボールを失わない
・ボールを保持しながら攻める
というものです。

具体的にどのような練習をしているかというと,

次のような内容です。

■止めてから蹴るまで出来るだけ素早くする
味方どうしでパスをつなぐことを練習するために、ポゼッションや鳥かごの練習をしています。

止めてから蹴るまでの時間を素早くすることが課題です。

止めてからパス先を考えているようではアウトです。

ボールを要求するなら前もってパスする相手を見ておき
ボールを受けたら素早くパスすること。

ダイレクトでパス出来るようならダイレクトでパスする。

どうしても技術的に止めてからパスまで
時間がかかる選手がいます。

その場合は、対面や3人でパス練習をします。

止め方が問題なので、パスが蹴りやすいところにボールを
しっかり静止させることを何度も繰り返します。

体の正面だけでなく、左右に置けるようになるには3人で
三角形でパスをする練習がよいようです。

出来るようになったら、デフェンスをひとり入れて軽く
プレッシャーをかけたり、コースを切ったりすると
スキルがレベルアップします。

インステップでのトラップを使うことで確実性とともに
体の向きを変えることが身につきます。

ボールが来た方向から遠い足でタッチし、蹴り足の前に
正確に静止させる。

■パスを出した後にすぐ移動する
ワンツーの練習を集中して行っています。
パスの出し手は、パスした足が1歩目になるように最短距離で動きだします。

パスの受け手は、味方のタイミングと角度を考えて
ダイレクトでリターンパスを出します。

この時、パスの出し手と受けての両方に課題を与えています。

ワンプレーで終わらない、ボールを受ける動きを
習慣化すること。これが課題です。

同時に、パスが必ずしも成功するとは限らないので
出したパスが悪くて相手に奪われそうになった時や

受けた味方のトラップが悪くて奪われそうになった時に
パスを出した選手が素早く奪いにいくことを課題にしています。

これは、攻守の切り替えの練習にもなります。
ミスったと思った瞬間に奪いに行くこと、ミスを取り戻すこと。

これがチーム全体でできれば「ボールを失わない」サッカーが出来ると考えています。

■2対2のゲームで動きを確認する
ミニゲームでは、小さなゴールを使って2対2を行います。

このトレーニングでは、ワンツーを多用することをテーマにしています。

ボールを持たない選手の動きが課題になります。

味方に近づくのか、離れるのか。その時、相手デフェンスは
どのように動くのか、どのように動かしたいのか。

ボールを持たない選手が攻撃をリード出来るようになると
パスがまわりやすくなります。

一方、守備側はファーストデフェンダーがしっかり寄せる
ことで、セカンドデフェンダーの守備が決まるということを学びます。

ちょっと難しい表現になってしまいますが、
ファーストデフェンダーとはボールを持っている
相手に対する一人目の守備です。

セカンドデフェンダーとは文字通り、
ファーストデフェンダーのカバーや

ファーストデフェンダーがカットしたコースでない
方向へのパスをインターセプトすることを狙います。

大切なことはファーストデフェンダーの動きです。

2人で同時に寄せたり、あるいは
2人とも行かなかったりということを避けるために、

声を出して味方に意思表示をするようにしています。

私たちコーチは掛け声なしに寄せに
行った時には声を出すように指導します。

小学4年生の選手たちは習慣化している
選手とそうでない選手の差が大きいので、
コーチたちは習慣化するように徹底しています。

■4対4のミニゲームで仕上げる
ゴールあり、キーパーなしのミニゲームで仕上げますが
フィニッシュはシュートで終わることを課題にしています。

ボールを持ったらゴールを狙うことを意識することで
体の向きが相手ゴールを意識したものになります。

前を向いてボールを持つこと。

これが攻撃の基本です。前を向いてボールを持つために
どのようにパスを回せばよいか。

選手に考えさせます。

その時、ボールを持っていないチームはグループでの
守備で相手に前を向かせないようにプレスをかけて行きます。

守備が厳しくないと攻撃が上達しません。
攻撃が上達しないと守備力が向上しません。

チーム力をアップさせるための重要な場面なので
コーチはゲームをさせながら素早い寄せ、

ボールを受ける前の視野の確保、
トラップからパスの速さなどを意識するように声をかけています。

今回は練習内容のご紹介になってしまいましたが、
このような練習は、選手の上達具合によって
難度を変えて行きます。

疲れているような時は難度を下げたり、元気な時は難度を
上げることもあります。夏場はこのようなコントロールが
大切だと考えています。

全国の指導者の皆さんも工夫されて指導していると思います。
指導者の熱意で、子どもたちが成長して行きます。

この夏を乗り切って、収穫の秋を迎えたいですね。
頑張りましょう!

今回のオススメ教材はコチラ↓

http://www.mlritz.com/link/113/1/288/11/

関連記事

  1. 【戦術】パスワークを駆使して相手陣内に入り込む方法とは…?

  2. ラダートレーニングは効果があるのか?

  3. プレーエリアを広くするために必要な技術とは

  4. 決定力不足の原因を知っていますか?

  5. 【保護者必見】選手たちのコンディション管理について

  6. 【ジュニア世代】伸ばすためには 「子供の気持ち」を【知る】ことが…

ピックアップ記事

  1. 昨日の森保ジャパン対コスタリカ戦を見て中島翔哉選手の能力の高さを感じました。楽しそうにサッカ…
  2. 選手のサッカーノートを毎週チェックしています。出来たこと、出来なかったこと、出来るようになり…
  3. 日本の女子サッカーの快挙に感動しています。U20ワールドカップ優勝で、U17、フル代表と合わ…

おすすめ記事

  1. やはりフィジカル、動き出し
  2. 【サッカー】ディフェンスが苦手な選手の上達ポイントとは
  3. 【ジュニアサッカー】ルックアップで判断力が上がるのに、前を向けない選手の特徴
ページ上部へ戻る