閉じる
閉じる
閉じる
  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
  4. サッカーが上手い選手は皆、【脱力】している
  5. 身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  6. サッカーの原点とはシュートである。
  7. リフティングと緊張
  8. サッカーは教えれば教えるほど下手になる
  9. サッカー選手としての実力を診断してみよう
  10. 「利き足を使うことの効果」と「リフティングの効果」
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

フォワードは動いてはいけない?

さて、サッカー界の話題はというと、大迫選手のデビュー戦、初得点に注目です。
 
ドイツの2部リーグ、1860ミュンヘンに移籍した大迫はドイツの屈強なDFを相手にプレーすることで成長したいという希望を示していました。
 
ミュンヘンはパスを組み立ててゴールに迫るサッカーではなくロングボールを前線に放り込むタイプのサッカーをします。
 
そのチームでのデビュー戦で大迫はどんなプレーをしたのか。とても興味がありました。
 
ストライカーとしてミュンヘンに移籍した以上、ゴールを決めることが大迫の仕事です。
 
日本代表としてもフォワードとしてゴールを決めることが期待されています。
 
大迫なら、ボールに数多く絡んでチャンスを作ることが出来るでしょう。
 
しかし、チャンスを作ることが出来ても1点にもならない可能性もあります。
 
ミュンヘンの監督はしぶとく大迫をトップで使い続けました。トップで貼り続けている限り、運動量は少なくなります。
 
ボールへ絡む場面も少なくなるので、一見すると仕事をしていない選手として評価されてしまうかも知れません。
 
しかし、そんな大迫にゴール前でのチャンスがやって来ました。味方のミドルシュートをGKが弾いたところをすかさず詰めて初得点!
 
もし、中盤まで下がってボールに絡んでいたらこの場所に位置することが出来たか?それはおそらく不可能だったと思います。
 
中盤でチャンスを作ることはこれからのリーグ戦でも出来ることです。大迫はストライカーとしての評価のためには、まず得点すること。
 
そのためにはゴール前で虎視眈々とチャンスを待つことしかありません。
 
動きまくっていたら生まれなかったシュートとも言えるでしょう。
 
これはプロとしての試合への取り組み方だと僕は考えています。
 
小・中学生の育成年代では、フォワードやデフェンスの分業制についてまだ早いと考えています。
 
誰もがトップを経験し、誰もがセンターバックを経験するという事が小・中学生には大切なことです。
 
特に味方のシュートに対して、ゴール前のこぼれ球を詰めるという動きはトップの選手として基本中の基本です。
 
トップの選手を固定してしまうと、他の選手はこぼれ球を詰めるという経験を積むことが出来ません。
 
小・中学生の多くの試合を見ていますが、ゴール前に詰めるというシーンの多くは、GKがキャッチしてからスタートを切っています。
 
それでは遅すぎるのです。
 
GKがファンブルしたボールを詰めるためには、味方がシュートを打った時にすでにスタートを切る必要があります。
 
予測と素早い反応とダッシュ力が必要ですが、10回ダッシュしても1回もファンブルしなければ、ムダに見える走りかも知れません。
 
しかし、その「詰め」があるからこそGKにプレッシャーを与えることが出来るのです。プレッシャーを感じたGKは11本目のシュートでキャッチミスをするかも知れません。
 
サッカーは確率のゲームと言われますが、相手のミスを誘うプレーというものがあります。
 
動いているボールにしっかり寄せること。この縮図がゴール前のこぼれ球を詰めるというシュートです。
 
大迫選手は少年時代から染み付いた習慣がゴールを生んだと思います。
 
皆さんも、ゴール前に詰める、しかも、味方がシュートを打ったタイミングで詰めるというよい習慣を身につけて欲しいと思います。

関連記事

  1. パスサッカーで大切な事は、ボールを受ける選手の動きです。

  2. 「守備」の意識

  3. 【DF必見】守備力向上に欠かせない技術は【ボールを見ないこと】で…

  4. サッカーの動き方がわからない

  5. オフ・ザ・ボールの「動き」について

  6. 【指導者必見】「具体的な目標」を決め方とは…?

ピックアップ記事

  1. 今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでした…
  2. 「身体が開くとは?」サッカーの指導をしていて、「身体が開く」ことを指摘することがあります。…
  3. 先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボール…

おすすめ記事

  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。