閉じる
  1. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  4. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  5. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
閉じる
閉じる
  1. 【三浦コーチ】選手が自信を持ってピッチに立つために指導者は何をすべきか…
  2. 【檜垣コーチ】正しい意識を持って取り組む
  3. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  4. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  5. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  6. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  7. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  8. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  9. 【三浦コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  10. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:トラップ

こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?“comeの概念”でどうフットボールを瞰ていくか?をお伝えしました。今回は、“comeの概念”を通して見る、フットボールとの向…

こんにちは鬼木です。今回上手くまとめられず何度も書き直しをしているところで、長友選手が“comeの概念”のお手本のようなゴールを決めてくれました!55日ぶりの復帰戦で1923日ぶりのゴールだったそうです。リハビリ期間…

サッカーの試合で何が一番難しいか?小学1年生から6年生の選手たちに聞きました。多くの選手たちが難しいと答えたものは「シュート」でした。まあ、想定内の答えですね。狙ったけれど入らない。キーパーにキャッチされる。…

今週は多くの小学校で入学式が行われているようです。小学1年生になられたお子さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。ウチのチームにも小学校入学と同時にサッカー小僧たちが入団してくれました。幼稚園の年長時代から遊びに来ている…

前回から、サッカーに対して、どのようにして取り組んでいけば上手くなるかを一つ一つお伝えしていますが、今回は「利き足から上手くなるための理論」をお伝えしようと思います。世界のトッププレイヤーたち、強豪国の選手たちは皆、「利き足のポイン…

3月に入りましたね。うちのチームが所属するブロックでは、今月中旬に組み合わせ抽選会が行われます。4月からの新シーズンで行われるリーグ戦の組み合わせや5年生大会の組み合わせも抽選します。いよいよ新シーズンが始まるなあと…

前回、ざっくりかもしれませんが、「身体の開き」について書かせて頂きました。どんなスポーツにおいても、身体が開かないでプレーすることは、とても重要です。今回は、身体が開かないように、体幹を鍛えて、軸を作る方法をお伝えしたいと思…

「身体が開くとは?」サッカーの指導をしていて、「身体が開く」ことを指摘することがあります。どんなスポーツでも「身体が開く」ことは、よくありません。野球でも、テニスでも、ボクシングでも、陸上競技でも…もちろん、サッカー…

緊張するって大事です。本気で何かを成し遂げようとした時には、人は緊張するものです。緊張感もなしに、ダラダラヘラヘラやって、上手くはなりません。そこで、リフティングに対しては、必ず数の目標設定をすることが大切です。…

基礎基本を身につけるには、それぞれトレーニングレベルの段階があり、それを確実に身につける必要があります。その中で、リフティングトレーニングは非常に効果的です。高校からサッカーを始めて、リフティングも出来ずにブラジルに渡り、リ…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 日々、選手を観察していると、ある瞬間に、選手の成長、伸び、上達を感じる瞬間があります。以前は…
  2. 前回、ボールを取られない、ボールを持てる、利き足でボールを持って取られないという意識についてお話しさ…
  3. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…

おすすめ記事

  1. 【三浦コーチ】選手が自信を持ってピッチに立つために指導者は何をすべきか?
  2. 【檜垣コーチ】正しい意識を持って取り組む
  3. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
ページ上部へ戻る