閉じる
  1. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  4. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  5. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
閉じる
閉じる
  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
  4. サッカーは足を使うが、足だけでサッカーは出来ない
  5. 【ドリブル】持っている以上のスキルが必要とする、状況を作る選手の状況【…
  6. シュートの何が難しいのか?
  7. 【檜垣コーチ】アウトのターンから良いボールの持ち方を身につける
  8. サッカーをシンプルにプレーするとはどういうことか
  9. 【新作DVD】ドリブルで相手を抜けない理由
  10. 本当の意味の仕掛けるドリブルとは
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:シュート

今週は多くの小学校で入学式が行われているようです。小学1年生になられたお子さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。ウチのチームにも小学校入学と同時にサッカー小僧たちが入団してくれました。幼稚園の年長時代から遊びに来ている…

日本の環境の中で、強豪国の子供たちのような感覚、技術を身につけるためには、どのように育成指導していけば良いのでしょうか?■「サッカーの本当の基礎基本」を知る必要があります。サッカーは、ボール一個と二つのゴール、敵…

シュート力向上について解説しています。前回は、ワンタッチシュートのポイントについて解説しました。3つのポイントを紹介しましたが、今回はそのポイントごとに解説します。■ワンタッチシュートのポイントペ…

今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでしたが、今回は、ペナルティ内のシュートについて解説します。サッカーで最も大切なスキルである「シュート」をシュートの長さとシュートを打つエ…

先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボールを持ってシュートを放つという基本について解説しました。テーマは、・ファーストタッチで前を向く、シュートを打った後もバランスを…

ジュニアのチームは、ちょうど今が切り替え時期です。切り替え時期とは、4月からの活動の準備期間でもあります。小学校を卒業する現在の6年生はジュニアユースや中学の部活でサッカーをするための準備をします。小学5年生や4年生…

アジアカップで、森保ジャパンが「勝つサッカー」を見せてくれています。森保ジャパンのプレーを見て思いました。相手にボールを持たれてもシュートを打たせないことで失点を防げるということです。僕が指導している少年サッカーでは…

ご存知のように、サッカーは足を使うスポーツですが、足首から膝、そして、股関節を思い通りに動かすトレーニングは意外と行われていないように思います。パスやドリブルの練習をして、ストレッチ等をしていれば自然に下半身が自由自在に動くようにな…

フォワードは体格がよくて、キック力がないといけない。少年サッカーにおいてもこのような考え方をする人々が多いのではないでしょうか。それは、ゴールを奪うためには、強いシュートを打たなければならないし強いシュートを打つため…

プレーが上手くできない、または試合で上手くいかないのには、必ず上手くできない「原因」があります。でも、その原因がいつまでも理解できないと…?もちろん、いつまでも上手くいきませんよね。例えば、キックの場面。…

ピックアップ記事

  1. 子供たちはドリブルが大好きです。ドリブルシュートというメニューが大好きです。ウチのチーム…
  2. このDVDでは、ドリブルの1対1で勝つためのポイントを初心者にもわかりやすく指導しています。…
  3.  新作DVDが評判です。強豪兵庫FCと永濱代表を知る指導者が注目しています。…

おすすめ記事

  1. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
  2. 難しいフェイント、複雑なフェイントが「よいフェイント」ではない
  3. 8人制サッカーの特徴を掴んで、個人の能力を引き上げる練習
ページ上部へ戻る