閉じる
閉じる
閉じる
  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
  4. サッカーが上手い選手は皆、【脱力】している
  5. 身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  6. サッカーの原点とはシュートである。
  7. リフティングと緊張
  8. サッカーは教えれば教えるほど下手になる
  9. サッカー選手としての実力を診断してみよう
  10. 「利き足を使うことの効果」と「リフティングの効果」
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:シュート

今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでしたが、今回は、ペナルティ内のシュートについて解説します。サッカーで最も大切なスキルである「シュート」をシュートの長さとシュートを打つエ…

先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボールを持ってシュートを放つという基本について解説しました。テーマは、・ファーストタッチで前を向く、シュートを打った後もバランスを…

ジュニアのチームは、ちょうど今が切り替え時期です。切り替え時期とは、4月からの活動の準備期間でもあります。小学校を卒業する現在の6年生はジュニアユースや中学の部活でサッカーをするための準備をします。小学5年生や4年生…

アジアカップで、森保ジャパンが「勝つサッカー」を見せてくれています。森保ジャパンのプレーを見て思いました。相手にボールを持たれてもシュートを打たせないことで失点を防げるということです。僕が指導している少年サッカーでは…

ご存知のように、サッカーは足を使うスポーツですが、足首から膝、そして、股関節を思い通りに動かすトレーニングは意外と行われていないように思います。パスやドリブルの練習をして、ストレッチ等をしていれば自然に下半身が自由自在に動くようにな…

フォワードは体格がよくて、キック力がないといけない。少年サッカーにおいてもこのような考え方をする人々が多いのではないでしょうか。それは、ゴールを奪うためには、強いシュートを打たなければならないし強いシュートを打つため…

プレーが上手くできない、または試合で上手くいかないのには、必ず上手くできない「原因」があります。でも、その原因がいつまでも理解できないと…?もちろん、いつまでも上手くいきませんよね。例えば、キックの場面。…

ピックアップ記事

  1. 今回も「シュート力向上」がテーマです。前回は、ペナルティエリア外からのシュートがテーマでした…
  2. 「身体が開くとは?」サッカーの指導をしていて、「身体が開く」ことを指摘することがあります。…
  3. 先週から引き続き「シュート力アップ」の練習方法についてお伝えしています。相手ゴール前でボール…

おすすめ記事

  1. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
  2. 身体が開くとは?
  3. ペナルティエリアの中ではトラップする余裕もない!
ページ上部へ戻る