閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の…
  2. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  3. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは…
  4. 【少年サッカー】シュートを打たないでパスを選択する理由とは…?
  5. 【初心者限定】サッカー経験の浅い子供たちが行うべき、トレーニングとは……
  6. 【保護者必見】選手たちのコンディション管理について
  7. 【スキルアップ】インフロントキックの重要性
  8. 【練習法】ボールと相手に対する自信がもたらせるものとは?
  9. 【少年サッカー】ポジションを正しく理解していますか?
  10. 【スキル】自分のタイミングではなく、相手が嫌がるタイミングを知ることの…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール
クーバーサッカースクール

株式会社Real Style 少年サッカー事務局

ロシアW杯が終わりました。今回のW杯も感動の連続でした。フランスの優勝を予想した、ファンは多かったと思いますしクロアチアのモドリッチが、MVPにふさわしい選手であることは、誰もが納得していると思います。僕はモドリッチ…

ロシアW杯も準決勝が終わりました。日本を下したベルギーは、ブラジルを破ったものの、フランスの前に惜しくも敗戦し、決勝進出を逃しました。優勝国はフランスか、クロアチアか?もうしばらく睡眠不足が続きますね。先週末、三浦の…

日本代表は、限りなくベスト8に近いゲーム内容でロシアワールドカップを終えました。選手には本当にお疲れ様、感動をありがとうという気持ちで一杯です。また昨日から4年後のワールドカップに向けて準備が始まります。毎回のワールドカ…

ロシアワールドカップでの日本代表の見事なプレーに日本中が感動していますね。特にセネガル戦では、柴崎岳のクロスに大迫勇也の足があと数センチ触れていればゴールでした。その他にも惜しい場面がたくさんありましたが、ゴールに絡むシーン…

コロンビア戦の勝利で日本中が盛り上がっていますね。6連続大会出場で、ワールドカップ出場が当たり前という雰囲気を感じていました。また、グループリーグを突破出来ないのではという雰囲気もあったせいか盛り上がりに欠けていました。…

ロシアW杯本番前の親善試合でパラグアイに初勝利を上げた西野ジャパンですが、乾選手、香川選手という得点を期待されてた選手のゴールが見れてサポーターもホッとしているのではないでしょうか。柴崎選手、山口選手のボランチもよい感じで機能してい…

突然ですが、インフロントキックは得意ですか。近くの味方へのパスはインサイドキックで蹴る。遠くへのパスはインステップキックで蹴る。お子さんのチームでは、おそらくこのような指導をしているかと思います。三浦のチームもそ…

サッカーの練習方法を3つに絞れと言われたら、あなたは何を選びますか。僕は、3つの中にぜひ入れたい練習方法があります。それは、前日本代表監督ハリルホジッチが残した言葉である「デュエル」を強化するための練習方法です。対人プレ…

日本代表チームが活動を開始しましたね。30日のガーナ戦に向けて招集されたメンバーの合宿がスタートしました。これが、西野朗監督と選手の初顔合わせです。ロシアW杯まで1ヶ月を切りましたが、短時間でチームを作り上げていって欲し…

ロシアワールドカップ開催まであと1ヶ月を切りましたね。西野朗監督が招集メンバー35人の概要を発表しましたが、23人の最終決定は5月30日のガーナ戦の翌日、31日になるとのことです。本田、香川、岡崎というビッグ3は招集されるの…

さらに記事を表示する
天才ドリブラー育成法

ピックアップ記事

  1. ロシアW杯が終わりました。今回のW杯も感動の連続でした。フランスの優勝を予想した、ファンは多…
  2. ロシアW杯も準決勝が終わりました。日本を下したベルギーは、ブラジルを破ったものの、フランスの前に…
  3. 日本代表は、限りなくベスト8に近いゲーム内容でロシアワールドカップを終えました。選手には本当にお…

おすすめ記事

  1. 【ロシアW杯】攻守における連続したプレーができる選手とそうでない選手の差
  2. 飛距離のあるキックは身につけるためには…?
  3. 【ロシアW杯】クリエイティブでたくましい選手を育てるのに大事なこととは?【育成年代】
line
ページ上部へ戻る