閉じる
  1. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
閉じる
閉じる
  1. 【三浦コーチ】スペースを作り、スペースに入る動きを作る練習とは?【新作…
  2. 【檜垣コーチ】集中したリフティングトレーニングのやり方
  3. 【サッカー】本番に強い選手を育てる練習法とは…?【試合】
  4. 【三浦コーチ】チビリンピックで優勝したセンアーノ神戸の練習とは?
  5. 【檜垣コーチ】利き足リフティングの回数
  6. 【三浦コーチ】少年サッカーのサイドチェンジに必要なスキルとは?
  7. 【檜垣コーチ】リフティングトレーニングの意味
  8. 【イベント情報】鬼木コーチの練習会を開催!
  9. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方③
  10. 【三浦コーチ】スキルアップのためには多角的に練習方法を模索する必要があ…
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:ポジション

チームに新しいメンバーが増えてフレッシュな雰囲気になりました。新メンバーとは1年生から3年生たちです。さっそくミニゲームを行いましたがとても楽しそうです。見ているお母さんたちもウズウズしているようなのでお母さ…

三浦です。なでしこジャパンもワールドカップ出場を決めましたね。先週末の練習後に保護者と会話していたら、オーストラリア戦の話になりました。オーストラリア戦で時間稼ぎのためのパス回しをする場面を見たお…

先週末の練習で、選手たちに今年のトレーニング目標について話をしました。ひとつは「相手をどうするか。ボールを持てば必ず奪いに来る、相手からボールを守り、相手をかわし、相手を外し、パスやドリブルをする、シュートを打つ」という事を意識…

小学生の保護者の皆さんご卒業おめでとうございます。小学1年生からサッカーを始めたという家庭も多いことでしょう。6年間と言えば決して短い期間ではありませんが振り返ってみるとあっという間に時間が過ぎていった。そん…

子供たちにサッカーを指導していると「ボールを体の正面で扱おう!」という声がけを聞くことがあります。野球の捕球でもボールに対して体を正面に持ってくることは基本ですね。サッカーではどうでしょうか。攻撃では、ボールを体…

平昌オリンピックも閉幕し、Jリーグが開幕しました。そして、2月も今日で終わり明日から3月ですね。少年サッカーチームに限らず、3月はとても特別な月になります。私のチームで言えば、小学6年生が卒団を迎えます。そして、…

平昌オリンピックのテレビ放送にかじりついて見ています。ウインタースポーツは実にバラエティーに富んでいますね。フィギュアスケートからジャンプまで、とても人間技と言えないような素晴らしい演技や滑りを見せてくれています。…

皆さんは、浮いたボールの処理は得意でしょうか。苦手な選手も多そうですね。サッカーの試合では必ずボールが浮きます。浮いたボールをコントロールして自分のものにすることやヘディングがボレーキックで相手ゴール前に弾き返すこと…

森保ジャパンの監督デビュー戦を白星でスタートし森保監督の笑顔を見ることができました。森保監督はご存知のようにサンフレッチェ広島を率いてJ1三連覇を果たした監督です。三浦は指導者…

現在、第41回全日本少年サッカー大会全国大会が行われています。今日から決勝トーナメントが始まります。明後日29日が決勝です。1次ラウンドの結果を見るとJリーグの下部組織が必ずしも決勝トーナメントに進んでいないよう…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 三浦です。昨日のコパ・アメリカは朝の8時キックオフだったので、去年のワールドカップのタイミン…
  2. こんにちは!檜垣裕志(ひがきゆうし)です。今回のテーマは「安定したリフティング、安定したボー…
  3. 先日、公式試合がありました。子どもの頃からプレーしているため、試合ってもう何百試合と経験して…

おすすめ記事

  1. 【三浦コーチ】スペースを作り、スペースに入る動きを作る練習とは?【新作情報】
  2. 【檜垣コーチ】集中したリフティングトレーニングのやり方
  3. 【サッカー】本番に強い選手を育てる練習法とは…?【試合】
ページ上部へ戻る