閉じる
  1. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  2. 【鬼木コーチ】「comeの概念」について
  3. 【鬼木コーチ】フットボールにおける目的地認識
  4. 【鬼木コーチ】身体の動かし方なのか、身体の動かされ方なのか…
  5. 【鬼木コーチ】代表レベルの選手になるということ
閉じる
閉じる
  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
  4. サッカーに教育を持ち込むのはナンセンス
  5. 【檜垣コーチ】トレーニング前に意識すること
  6. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方①
  7. 【千葉コーチ】相手を見ながらボールを扱える能力を高める力を身に付ける
  8. 【檜垣コーチ】アウトインドリブルの重要性
  9. 攻撃の技術を学ぶことで、モチベーションがアップする
  10. 「子どもたちの伸び際」を見逃さないポイント
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:ポジション

ウチのチームでは小学1年生から6年生までの子供たちがサッカーを楽しんでいます。いつもは5,6年生を担当している三浦ですが、3年生以下のコーチが息子さんの卒業式で休みをとったので、2日間3年生以下を担当しました。担当コーチによ…

3月中の練習は、基礎練習が中心です。止める、蹴る、運ぶというボールを扱うスキルを高めることはもちろんですがパスを出したら動く、スペースを作る、スペースに走るというスペースを使うことが出来るような練習を取り入れています。…

先週の3連休に、チーム全員が揃う機会があったので定期的に行っている記録会を行いました。内容は、50m走や1500m走などフィジカル系の記録とリフティングやキックの飛距離などの記録を取りました。フィジカルの能力は数値で把握でき…

■高校サッカーの技術向上の背景今回の大会を観戦して思うことは、いわゆる「ドカ蹴り」のチームが少なくなったということです。トーナメント方式で戦うので、ゴール前にドーンとボールを放り込んでこぼれ球を狙うという戦い方はある意味では合理…

ボールがない時の動きについて解説します。僕は、ボールを持っていない時の選手の動きをじっと見ることがあります。ボールは見ません。その選手が何を見て、どこに移動しようとしているのか、それだけをずっと見ています。こ…

サッカーはパスゲームと言われますが、パスを成功させるためには何が必要だと思いますか。いろいろ思い浮かびますね。うちのチームで、まだこの答えを知らない選手たちにこの質問をすると次のような答えが帰ってきます。 パスの正…

昨日の森保ジャパン対コスタリカ戦を見て中島翔哉選手の能力の高さを感じました。楽しそうにサッカーをやっているという感じが溢れています。しかしあのポジションはロシアワールドカップで言えば乾選手のポジションなのでロシアワー…

選手のサッカーノートを毎週チェックしています。出来たこと、出来なかったこと、出来るようになりたいこと。これらについて書いてもらっています。出来ないことで、出来るようになりたいことで最も多いものは、ディフェンスです。…

暑い日が続きますね。練習や試合では日射病に気をつけていると思いますが、時には中止する勇気も必要ですね。さて、小学生が夏休みに入りましたので、早朝練習を始めました。まだ気温があがる前に90分ほど練習しています。三浦…

日本代表チームが活動を開始しましたね。30日のガーナ戦に向けて招集されたメンバーの合宿がスタートしました。これが、西野朗監督と選手の初顔合わせです。ロシアW杯まで1ヶ月を切りましたが、短時間でチームを作り上げていって欲し…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. こんにちは鬼木です。前回は、“comeの概念”をどのようにフットボールに活かしていくのか?…
  2. ウチのチームには女子もいます。一番小さい子は小学2年生です。小学1年生の春からサッカーを始め…
  3. ロシアワールドカップのベルギー戦でもゴールを決めた原口選手。日本で活躍していた時はバリバリの…

おすすめ記事

  1. 【鬼木コーチ】comeの概念を通して見るフットボールとの向き合い方②
  2. 【三浦コーチ】ボールを取りに行けない選手の特徴
  3. 【鈴木コーチ】フットボールに必要なスキル【練習会】
ページ上部へ戻る