閉じる
閉じる
閉じる
  1. 日本のサッカーは独特である
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. コーチたちもフェイントの指導について「悩み」を持っている
  4. 【上達法】利き足から上手くなるための理論
  5. 試合で覚えるプレー、練習で覚えるプレー
  6. サッカーは、基礎基本を理解するから上手くなる
  7. 大切なのは戦術よりも、心を動かすこと
  8. 転びながらシュートを打たない!
  9. 身体の開きの矯正について
  10. ペナルティエリア内のシュートトレーニングについて
閉じる

ジュニアサッカーの上達練習指導法

クーバーサッカースクール

カテゴリー:DVD教材

「ボールの持ち方が良い」という言葉を聞いたことがあると思います。では、実際にボールの持ち方が良いとは、どういうことなのでしょうか?■日本人は両足でトレーニングを行う現在、アジアカップで日本代表がプレーをし…

日本では、リフティングについて誤解をしている人がたくさんいるように思います。①リフティングが上手いのにサッカーが下手…②リフティングは意味がないと言う人…①「リフティングが上手いのにサッカーが下手…」…

さて今年は亥年ですね。イノシシというと猪突猛進という言葉を連想しますが、正月からよいスタートダッシュを切りたいものです。でも、ここで、去年を振り返ってみてください。1年間通して身に付いたこと身に付かなかったことがある…

サッカー教室やサッカーの指導で15年以上に渡り、全国を回っています。そのときに、ドリブル練習をしたりします。例えば、「10メートルぐらいの距離を真っ直ぐドリブルし、ターンをして戻って来る」先ず、このドリブルをやったと…

ボトムアップという言葉はあなたも聞いたことがあると思います。トップダウンの対義語として使われることが多いようです。会社で言えば、トップとは社長などの指示を下す人を指し、社員がその指示に従って動くという状態が、トップダウンのイ…

こんにちは、檜垣裕志(ひがきゆうし)です。僕は、現在、プロのサッカーコーチとして活動しています。先ずは、自己紹介から…ブラジル一部リーグのプロサッカー選手として、日本国籍者として二人目のプロ契約を結び、十年間ブラジル…

「2018 在庫一掃決算セール」が、本日(2018年12月17日)の、9時よりスタートしています!合計6種類の教材DVDを、これ以上の値引きは、コストの都合上できないところまで「ガツン!」と下げました。まとめ買いを検討されて…

■ドリブル練習の登竜門「コーンドリブル」コーンドリブルといえば、コーンドリブルです。ドリブル練習の登竜門とも言えますよね。ドリブルの代表的なトレーニング方法である、コーンドリブル。あなたもきっと、すでに練習に取り入れ…

ご存知のように、サッカーは足を使うスポーツですが、足首から膝、そして、股関節を思い通りに動かすトレーニングは意外と行われていないように思います。パスやドリブルの練習をして、ストレッチ等をしていれば自然に下半身が自由自在に動くようにな…

■いつものトレーニングでも効果を変える方法先週、あるチームの練習を見学していると、私が子どもの頃に行っていたトレーニングをしていました。あなたも練習メニューの中に昔ながらの良いとされるトレーニングを組んでいるかもしれません。…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. こんにちは!今井です。第9回となる今回のテーマは、「日本のサッカーは独特である」です。…
  2. フットボールスタイリストの鬼木です。まずは、こちらの動画をご覧ください。…
  3. 最近は気温が上がってきました。選手達は半袖短パンの練習着で走り回っています。汗をたっ…

おすすめ記事

  1. 日本のサッカーは独特である
  2. 【鬼木コーチ】目的地の認識で動きが決まる
  3. コーチたちもフェイントの指導について「悩み」を持っている
ページ上部へ戻る